おさがりの利用

おさがり・・・兄や姉から弟、妹に・・・。

父、母から子に・・・。

親戚のお兄ちゃんやお姉ちゃんから、わが子に。

お友達のお子さんから、うちの子に・・・。

いろいろな「おさがり」がありますね。

子どもはすぐに大きくなってしまうので、着る期間が非常に短いです。
まだきれいなのに・・・・捨てるのはもったいない。
みんなで、まわして楽しく使いましょう!!



++++++++++++++++++++++++++++++
 

リサイクルショップの利用

田舎に住んでいると、近くにない場合もありますが、

お祭りなんかのフリーマーケットなどでは、

掘り出し物の服がいっぱい。

子どものいる親戚や知り合いがいなくても

買えるのがいいですね。

保育園などに行っていると、

着替えが山ほどいります。

まとめて買っておくと助かります。

インターネットのオークションなどを利用するのもいいですね。

 

++++++++++++++++++++++++++++++

「欲しい!」とアピールする

子どものいる家では

どこでも、着られなくなった服の1枚や2枚・・・

いやいや、10枚や20枚・・・

きっと眠っているはず。

でも、おさがりをあげるとは、

言い出しにくいものです。

「いらなくなった服があったら、ください!!」

・・・と大声でアピールしておきましょう。

きっと、あなたのところに、集まってくるはず(o^-')b

++++++++++++++++++++++++++++++

名前は洗濯表示のタグに・・・

特に保育園などで指定がないときは

名前は洗濯の表示がある、あの白いタグ(?)に書いちゃいましょう。

布に直接書いたり、首の後ろのタグに書くと

あげるときにちょっと困ります。

うちの子が通っていた保育園では、

先生たちは、名前をさがすとき

だいたいその部分を見ておられましたよ。

あ・・・でも、大きく目立つようにと指定がある場合は

従いましょうね〜(;^_^A


++++++++++++++++++++++++++++++

いろいろな色を

男の子は青、女の子は赤・・・なんて時代はもう終わり。

でも、なんとなーーーーく、ピンクを男の子に着せるのは抵抗があったりします。

いろんな色の服を選んでいると

この後、男の子が生まれても、女の子が生まれても

いろいろ着せて楽しめます。

汚れが目立ちにくい濃い色を着せるのも

長持ちや使い回しのポイントかな??

子どもに好みが出だしたら、

親の思うとおりにはいかなくなりますが・・・。


homeへ 

リンクバナー