子どもスーツ

パパのジャケット → 子どものジャケット★


ダンナの着なくなったジャケットを
結婚式に出席する息子のためにリフォームしました。

ピンクの部分を使いました。

型紙はスーツの作り方の本を図書館から借りてきて、

だいたいの大きさをあわせました。

でも、元のスーツの形に合わせて、

必ずしも型紙どおりに切らないほうがいいです。

脇を縫い、すそを始末して、

袖をつけます。

袖は、身頃にあうように、

袖を適当に斜めに切って、大きさを調整します。


ちょうどダンナの胸ポケットがいいところにきてくれました。

袖のボタンもそのまんま使えます。

前のボタンホールは自分でつけました。

襟、袖など、そのまんまなので、

とっても簡単です(*^▽^*)b




★ママのスーツ→子どもスーツ★

私の10年くらい前のスーツです

レースやボタンホールの部分がちょっとほつれています。

思い切ってチョキチョキチョキ

リフォームの秘訣は、
思い切ること

ためらっているヒマはありません(笑)

子どもがお昼寝している間にすませなくてはっ(^。^;;)

スカート部分はズボンに仕立て直し。

これまた「えいや!」と思い切ってチョキチョキ。

 

1歳児の七五三用のスーツができました。

お兄ちゃんお姉ちゃんのオマケといっても、

写真にうつるんだものね〜。

 

すそは、レースを取った跡を隠すため
リボンを二つ縫いつけてみました。

さっき、寝かしつけた後、
仕上げにボタンホールをつけて
できあがりv(*'-^*)-☆

明日の朝、タイタイに着せてみるのが楽しみ♪

リフォームだと、最初から作るより
ずいぶん簡単にできますよ!


homeへ

リンクバナー