優しい気持ち

心ってどこにあるのかな?

胸がドキドキするから心臓?

胃がキューッとしめつけられるからお腹?

頭で考えるから脳?

人と人との間にあるんだよって聞いたこともある。

あなたの心はどこにありますか?

もくじ

homeへ

 

ありがとう

 我が家は共働き。

ダンナも結構家事を手伝ってくれる(方だと思う)。

料理は私。でも、「ありがとう」の言葉があると俄然はりきってしまう。

「当たり前」という態度は腹が立つ(`ヘ´)。

ダンナはよく「ありがとう」と言ってくれる。

私も家事をやってくれて、当然だよと思っても「ありがとう」はわすれないようにしたい。

このページのtopへ

 

気をつけて

 仕事に行くときははもちろんだが、出かけるときに必ず「気をつけて」。

帰る前に電話を入れると「気をつけて」。

熱い物を持とうとして「気をつけて」。

これも、ダンナがよく言ってくれる言葉である。

うれしいものだ。

このページのtopへ

 

笑顔

 一日一回以上は心から笑ってますか?

心からの笑顔は体にも心にも栄養満点。

免疫力もUPするとか!?

反対に、無理やり作った笑顔はしわの原因に・・・。

子どもたちのおかげで自然に笑顔がでる今日この頃。

子どもは本当に天使だよ(^^)

イライラしたり、叱ったり・・・も、もちろんあるけど、

笑いを忘れない家族でいたいな♪

このページのtopへ

 

こだわり

何かにこだわることは、大切。

でも、こだわりすぎるのは世界を狭くする。

ここのブランドじゃなきゃ・・・と

こだわっていると、他のブランドの良さを味わえない。

うちじゃないと眠れない・・・人は

他の場所へ行くとき大変。

ウォシュレットじゃないとウンチができない・・・子も

増えていて、学校のトイレが使えないそうだ。

「○○じゃなきゃだめ」より

「○○でもいい、××でもいい」の方が

選択肢が広がるような気がするんだけどなあ。

・・・とあまり力説していると

こだわらないことに、こだわってる気がしてきた(^^;)

まあ、ほどほどに・・・。

このページのtopへ

 

スキンシップ

子育ての講演会で

「まずはお父さんがお母さんをしっかり抱っこしてあげてください」

・・・と言われたのを聞いたことがある。

お父さんに抱っこしてもらったお母さんが

安心して子どもに向き合える。

スキンシップの大切さを話しておられたように思う。

看護学の講義で、「手当て」とは実際に手を当てて診ること

・・・と習った。

子 「お母さん、しんどい!」

母 「熱計っておきなさい」

子 「熱があるよー」

母 「薬飲んでおきなさい」

これでは、「手当て」にならない。

子どもの額に手を当てること、痛いところをさすることが「手当て」なのだ。

おでことおでこで熱を診るのもいいかもしれない。

夫や子どもとスキンシップ・・・していますか?

子どもとは出来るけど、妻や夫とは恥ずかしい?私もです(^^;)

このページのtopへ

 

してもらう

子どもが大会に出されて

練習させられて

勉強させられて

こういう言い方をする人がいる。

なんか、すべて命令されて、いやいやながら、やりたくないのに、仕方なく

・・・というマイナス方向の考え方だなって思う。

大会に出してもらって

練習させてもらって

勉強させてもらって

こういう風に考え方を転換できないものかなあ?

今日、長男はは保育所で、

抱っこされて、外に連れて行かれて

水遊びさせられて

給食食べさせられて帰ってきた。

よりも

抱っこしてもらって、外に連れていってもらって

水遊びさせてもらって

給食も食べさせてもらって帰ってきた。

・・・と考えたいものだ。

ついでに、ダンナも

日曜日遊びに付き合わされる

じゃなくて

日曜日一緒に遊んでもらった

って思ってくれないかなあ(笑)

 

このページのtopへ

 

ほめる

ほめられると、うれしいし、気分もいいし、

嫌な気がする人はいませんよね。

気前よくほめたいもの。

ほめられた方だけじゃなく、ほめた自分も気分がいいのだから、

どんどんほめましょう!

ほめられて育った子は、のびのび自信にあふれている。

(もちろん叱ることも必要だけど・・・)

直接ほめるのもいいけど、

間接的にほめるのはもっと効果的!

例えば、「○○さんが、あなたのことほめてたわよ」と

他人から聞くと、さらにうれしさUP!

逆に悪口が他人の口から、伝わるのは最悪・・・注意したい。

 

このページのtopへ

 

一日一善

電車の中でゴロンゴロン転がっている空き缶を

ちょっと拾って駅の缶入れに入れる。

図書館で借りてきた本が破れていたら、

ちょっとテープで繕っておく。

トイレのスリッパが乱れていたら

ちょっとそろえておく。

ちょっとした善いこと

見つけて実行するだけ。

自己満足かもしれないが、

自分もいい気分になれるよ。

誰もが見過ごして通り過ぎていることに

ちょっと足を止めてみませんか?

このページのtopへ

 

欠点だらけ

人間なんて・・・みんな欠点だらけ。

それを認めあわないと

けんかになったり、文句が出たり・・・。

自分もこんなに抜けたところがある。

あの人だって同じ。

欠点のない人間なんていない。

自分はすべて正しいと思ってしまうと、

許せなくなることがたくさん出てくる。

失敗だってあるさ。

お互い様・・・・ね♪

このページのtopへ

 

ひたる

忙しくなると、ついつい

次はあれして、これをしながらそれをして・・・と

頭の中でぐるぐる考えながら動いてしまう私(^_^;)

今、この瞬間にひたる気持ちを大切にしたい。

子どもの寝息を聞きながら添い寝するとき。

小さいシャツにアイロンをかけるとき。

熱い紅茶を飲んでホッとするとき。

春の日差しの中散歩するとき。

お風呂にのんびりつかるとき。

その瞬間、瞬間を

幸せだな・・・と かみしめながら。

このページのtopへ

 

過信禁物

年度末・・・あまりに忙しすぎて

いろいろなことが抜けていた私(^_^;)

会議のことを忘れていたり、領収書が今頃出てきたり・・・。

こんなはずでは・・・と落ち込んでいたら

ダンナが一言。

「忙しいせいじゃないだろう。

おまえは普段からあちこち抜けているんだから。」

何〜!!(`ヘ´) プンプン。

と最初は腹が立ったが、

なるほど、そうかも・・・。

今に始まったことではないか(笑)

何だか、最近、仕事ができて当然と過信していたのかも!?

抜けていることを自覚しながら、ボチボチやりましょー!

このページのtopへ

 

引き受けてみる

人の身になって考えましょう・・・とよく言うけれど

これはなかなか難しい。

例えば、会費を集めたとき、小銭をじゃらじゃらもらうより、

両替してくれているとすごく助かる。

会計をやってみないと気づかないこと。

担当になった仕事のアンケートをとってみて、

最後に書いてある ねぎらいの言葉にホッとする。

実際に担当してみないとわからない苦労。

幹事をやってみて、

どたキャンされたり、連絡もなく遅れてこられるとすごく困ってしまう。

自分はそうしないように気をつけるようになる。

結局はいろいろ経験する中で気づいていく。

 

こうして見るとやってみる、引き受けてみるっていうのは

今まで気づかなかったことに気づくチャンス!・・・かな?

 このページのtopへ

道は一本じゃない

人生は選択の連続。

どちらかを選ばなくてはいけなかったり、

否応なく選ばされたり・・・。

「あの時 ああしておけば・・・」と言う思いは

誰でもあるはず。

土砂崩れで、たとえ行きたい道が通れなくなっても

違う道を探せばいい。

「そこで、終わり」ってことは、絶対ない。

「もうおしまいだ〜Σ( ̄□ ̄/)/!!」と思いたくなるようなことは多々あるけど・・・。


自分の通りたかった道じゃなくても

新たな道で、新たな発見があるかもしれないし、

新しい出会いが待っているかもしれない。

ものすごく急な坂道だって

振り返ってみれば、

素晴らしい景色が見えるかもしれない。

いつもいつも行きたい方向にすすんできたわけではないけど、

通り過ぎてみれば

「まあ、これもよかったのかな?」と笑っている自分がいる。

 このページのtopへ


大事な気持ちはしっかり伝える

「あなたが好きだよ」

当たり前のことだから

言わなくてもわかる・・・。

そう思っていたけど

そうじゃない。

3人のわが子

それぞれに 母の愛を求めていて

母はとっても大変(;^_^A

「母ちゃんは ○○の方がかわいいんでしょ!」

すぐにこんな言葉がでてきてしまう。

「大好き」

これは、しつこいくらい 伝えてやらないといけないかな?

「あなたたちが大好き」

「あなたたちが とっても大事だよ」

homeへ