心に残った言葉

ちこママは仕事柄、健康関係や教育関係の研修会に

参加させていただくことが多いです。

その中で特に、心にのこった言葉などを紹介していきたいな・・・と思います。

叱り方貴重な体験育児書育児ビデオ症候群

あとで!自律神経する通りになる子育ては親育ち

親子一緒の体験感情と言葉の連動感情は生理現象

パソコンを与えることパソコンの検索機能

子育てにやり直しはきかない月経指導のポイント

おせっかいおばさんになろう

homeへ


おせっかいおばさんになろう

性交開始年齢と有意な差があったのは
近隣の人との関係。

近所におせっかいおじさん、おばさんがいると
性交開始年齢が遅くなるそうです。

ぜひぜひ おせっかいなおじさんおばさんになって、
近所の子ども達と
かかわりましょう!

家庭では
朝ごはんを準備し、子どもと一緒に食べる環境が
とっても大切だそうです。


日本家族計画協会 北村邦夫先生





月経指導のポイント

1) 15歳になっても月経がこない

2) 3ヶ月以上の無月経を放置しない

3) だらだら出血は7日を限度に・・・

4)月経前 月経中 月経後の不快症状がある


これらのことは受診をすすめたほうがよいそうです。


日本家族計画協会 北村邦夫先生







子育てにやり直しはきかない


「おかえりなさい」「お疲れさま」
あたたかい言葉。

苦しみの中に身をおいているだけで
じゅうぶん努力している。

そんな子どもの健気さに気づくことが大切。

子育てにやり直しはきかない。

でも、
見直しは いくらでもできる。


 

子ども家庭教育フォーラム代表 富田富士也さん


私も見直し・・・しないと・・・。
子ども達の 「還る家」になりたいなあ・・・と
強く思いました。


このぺーじのtopへ


パソコンの検索機能


学校でパソコンの検索方法を習ってきた子どもが
家のパソコンで調べてみるその検索ワードは
「おしっこ」「うんこ」などが、圧倒的。

それで、つながるサイトは
目を覆いたくなるものばかり。

子どもとメディア代表

清川輝基さん

子どもって、そういう言葉が好きですものね。
聞いていてぞっとしました。

便利なインターネットも一歩使い方をあやまると
恐ろしいですよね。


このぺーじのtopへ



パソコンを与えること


子どもにパソコンつきの個室をあたえることは、

二万人のやくざと、二万本のエロ本の中に

子どもを放り込むことと等しい。

小児科医 k先生

そういう危険性をわからずに、与えている親が多いそうです。

親が子どもだった時代に、パソコンや携帯はありませんでしたから、
わからないのも無理はありませんが、
与える前に、まず考えないといけませんよね。

携帯もインターネットができるから、
同じかもしれませんね。

このぺーじのtopへ




感情は生理現象


「泣くな!」と言うのは

 「おしっこを我慢しろ」と言うのと同じ。 

臨床心理士 O先生

なるほど、そうですよね。
泣くことができるということは
自然で大切なことかもしれません


このぺーじのtopへ




 

親子一緒の体験

昔の子どもは、ずっと親のそばにいて、

仕事をしているのをみたり、家事をしているのをみたりしていた。

今は保育所や幼稚園で一日のほとんどを過ごす。

ついつい、買い物や用事をすませてから

迎えに行ってしまうが、

ぜひ、先に迎えに来てやってほしい。

親子で一緒の経験が不足している。

親の姿をもっと見せてほしい。

元T保育園園長N先生

う・・・耳の痛い話でした(;-_-メ;)

先に家事をすませておいて、一緒に遊ぶ時間を作ろうと、

意気込まなくても、

一緒にいて、いろいろな姿を見せてやればいいんだなあ。

ごはんの用意を一緒にしたり、

ねだられてうるさくても一緒に買い物したりしようっと♪

このぺーじのtopへ




 

子育ては親育ち

親も、子どもと一緒に親として育つ。

わからないまま、悩んで育てるものだ。

わかったようなふりをして育てたり、一方的に叱ったりしない。

元T保育園園長N先生

子育てに悩みはつきない。

でも、悩むことで、自分も親として成長できるんだなあ・・・。

例え、先生でもお医者さんでも保育士さんでも

自分の子どもの子育ては初めて。

よく、養護の先生でいいねえって言われるけど、

子どもを持つ親としてはまだまだ初心者マークです(^_^;)

このぺーじのtopへ

 



 

する通りになる

子どもは親の言うとおりにはならない。

する通りになる。

市立M中学校校長 I先生

なるほど、ドキッとした言葉でした。

親があいさつが上手な家の子は確かに上手だし、

いつもニコニコされているお母さんの子は笑顔がいいなあ・・・。

「子は親の鏡」とはよくいったものだ。

親がいつも不満や悪口ばかり言っていると、

不信感でいっぱいの子になってしまう。

親は生きることを楽しんでいるところを見せてやってほしい・・・という話でした。

このぺーじのtopへ




 

自律神経

昔は火がおこるまでふるえながら待ち、

冷たい水で手や顔を洗っていた。

今は、スイッチ一つで暖房が入り、

水道をひねるとお湯が出る。

文明の発達は悪いわけではないが、

確実に自律神経を鍛える機会が減っている。

S大医学部看護課教授 M先生

「生きる力」が大事と言われますが、

何気ない毎日のことをもっと見直す必要があるかな・・・と

反省のちこママでした(^_^;)

このぺーじのtopへ




 

あとで!

親がきちんと子どもと向き合う時間が少なくなっている・・・

という少年補導委員さんのお話の中で・・・

子ども 「本読んで〜」

親 「あとで!」

子ども 「遊んで〜」

親 「あとで!」

子ども 「ねえねえ、今日学校でね・・・」

親 「あとで!」

「あとで!」は永久にやって来ない・・・。

少年補導委員 Tさん

永久に・・・は大げさじゃないの〜!と思いましたが、

確かに、心当たりがいっぱい(^_^;)

「あとで」と言ってしまったら、約束を果たすように心がけるようになりました。

このぺーじのtopへ

 



育児ビデオ症候群

この頃、情緒の発達の遅れた子が目立つ。

情緒障害・・・ということではなく、全般的に小学校一年生の子が、

昔の保育所の年中さんくらいに感じる・・・という前置きから

2歳以下の子は象徴機能が未熟なので、テレビと本物の区別がまだつかない。

2歳以下の子どもには刺激が強すぎるのでテレビはなるべく見せない方がいい。

育児ビデオを見て子育てする親が多くなってきているが、

それも情緒の発達を妨げているのでは!?

ビデオを見ると、着替えやトイレなどいろいろなことができるが、

お母さんに言われてもできない。保育所でもできない。

「育児ビデオ症候群」だ。

落ち着きがなかったり、遊んでいても親を振り返ろうとしなかったり、

テレビを見せていると、おとなしくじーっと見ている。

まず、少しずつでもテレビを消して、親子で目を合わせる機会を多く持つように

心がけること。

テレビをつけっぱなしの育児では、親子の目を合わせる機会が激減し、

情緒の発達を妨げる。

小児療養センターI先生

げげっっ!ケンケンはもう2歳をすぎてしまったよ。

早く言ってよ〜って感じでした(笑)

まずは食事中のテレビを消すことから始めようって先生はおっしゃっていました。

このぺーじのtopへ




 

育児書

育児不安の母親が多い。

「育児書」の通りにならないと、不安になり、イライラしてしまう。

母親としての自信をなくしたり、叱ってもできないと叩いてしまったり。

「育児書」通りになんか、なるわけない!と開き直ることが大切。

実際、「育児書」通りに育つ子なんか、ほとんどいない。

児童相談所 I 先生

児童虐待の講演会で・・・

なるほど、初めて親になると、気になって読むよね。

私も熟読してました(^^;)

このぺーじのtopへ

 



 

 

貴重な体験

キレる子どもが増えていると言われているが、

我慢する力(耐性)がなくなってきたからだ。

子どもには苦労する体験をたくさんさせた方がよい。

例えば、雨の日の送り迎え

濡れながら必死で学校に行くという貴重な体験のチャンスなのに、

いくら話しても、一向に減らないそうだ。

親が子どもの貴重な体験のチャンスをつぶしてしまっている。

N中学校校長 I先生

このぺーじのtopへ

 



叱り方

叱るときは行動を叱る。人間性は叱らない。これが基本。

例えば「また、おまえか!」ではなく「また、やったか!」

行動を叱っても逆に人間性はほめてやる。

「本当はいいやつだって、わかっているよ」

叱る前にはできるだけ信頼関係を築いてからの方がいい。

N中学校校長 I先生

このぺーじのtopへ

 

 

homeへ